知らないと失敗する転職方法

トップページ >> 転職のカギはその仕事が好きかどうかを見極めることです

転職のカギはその仕事が好きかどうかを見極めることです

転職を成功させるには。年代や、性別、各個人の状況により、その方法は様々になるでしょう。

ここでは女性、特に結婚出産後の転職についての、成功法を提案したいと思います。

女性が正規に働く時、一番に考えないといけないのは、それぞれの生活スタイルにより妥協できる点とできない点をきちんと見極めることです。

子供のいる場合、家族がある場合、自分だけでなく家族の了解や協力を得ることは必要不可欠です。

まず、雇用条件が自分を含めた家族の必要最低条件となりえるのか、しっかりと家族で話し合うことが何よりも大切です。

そしてもう一つ、大きなポイントは。

簡単なことですが、一番大切なこと。その仕事が好きかどうかということです。

家庭を持ちながら仕事をこなすということは、本当に大変なことです。

2つの仕事を同時期にこなしているのと同じことなのですから、精神的にも肉体的にも辛くて投げ出したいと思うことが絶対にあります。

毎日会社に行くのが嫌で嫌で、でも続けられるのはやはりその仕事が好きだという気持ちが心の底になくてはなりません。

自分にとってその仕事が好きなのか、それを見極めることこそ、転職の大きなカギとなります。

そして女性の場合特に年齢を重ねるごとに、求人条件は厳しいものになります。それでもこの職業につきたい!と思えるものに出会ったら、情報網を広げまくります。

今やネットを探せば、いろんな資格試験や講座に出会います。もちろん、それらの試験や講座を受けることは近道の一つになる場合もあるでしょう。

しかし女性に人気といわれる「医療事務」に例をあげると、資格試験だけでなんと一説には80をこえるといわれています。

しかもそれは、国家試験ではありませんし、就職に直結するものとも言えません。

もちろん、試験や講習で得た知識は無駄にはなりませんが、大切なお金と時間を使って得るものですから実りのあるものにしなくてはいけません。

仮に資格を会社側が必要だと提示しても、やる気があれば就職後の受験でも理解を得られる場合もあります。

「これだ」と思った時の1歩を踏み出す勇気、それこそ転職には一番必要なものかもしれません。



Copyright (C) 2016 知らないと失敗する転職方法 All Rights Reserved.
↑先頭へ