知らないと失敗する転職方法

トップページ >> 転職において気をつけるべき3つのポイント

転職において気をつけるべき3つのポイント

未経験の職種への転職や、その職種での経験が浅い段階での転職はとても難しく感じます。

第二新卒と呼ばれるような社会経験自体が浅い場合も多く、転職したい企業へ何をアピールするべきか、迷う人も多いのではないでしょうか。

実は私もその一人でした。社会経験わずか一年で全く職種の違う職場に転職を試みました。

その経験と実際に私が転職に成功した企業の人事の方の話から、転職において気をつけるべきポイントを紹介します。

このポイントはあくまでも経験が無い、あるいは浅い人に向けたものなので、豊富な経験がある人はその経験をしっかりとアピールして頂きたいと思います。

@素直になること

経験が無かったり浅かったりする場合、知識も無く分からないことだらけですよね。そのような人を雇う際、企業側は素直に学ぼうとしてくれる人を欲しがります。

分からないことだらけであることは、人事の方もよく理解しているので、勇気のいることではありますが、分からないことは分からないと言える素直さを面接でも持ちましょう。

もちろん知識を得ようとする姿勢は大事なので、資格の勉強をする等、出来る範囲で分かることを増やしておくことが大前提です。

A企業のことをよく知ること

当たり前のことのようですが、意外とこれが出来ていない人が多いそうです。

企業について調べていくと、その歴史や経営状況等が出てきて魅力を感じることはあると思います。しかし実際に働くとなると、そのようなことが仕事に直接関わってくることは少ないのではないでしょうか。

志望動機を聞かれた際、企業の魅力を語るのであれば、実際に働き出した時に関わってくる内容を言わなければ、会社の上部だけを見ているように思われかねません。

商品の魅力や社員の働き方等、実際に働くことを人事の方が想像できるような、企業の魅力を伝えるようにしましょう。

B社会人としてのマナーを守ること

これは本当に当たり前のことではありますが、企業側は新卒ではなく中途採用で募集をかけているのですから、最低限スタートラインに立つためにマナーには気をつけましょう。

マナーに自信がない人は、本やインターネット等でも転職におけるマナーがたくさん紹介されているので、しっかりと調べて転職活動に臨みましょう。

以上、紹介したポイントは誰にでも簡単に出来るものなので、転職活動をする際は気をつけてみてください。



Copyright (C) 2016 知らないと失敗する転職方法 All Rights Reserved.
↑先頭へ