知らないと失敗する転職方法

トップページ >> 新卒での転職に失敗しないためには?

新卒での転職に失敗しないためには?

苦労して就活をし、ようやく入社した会社であっても、自分に合わないと転職を考える事も多いでしょう。

大卒の新卒者では3年以内に転職を行う若者が30%にも及ぶ時代であり、こうした入社後早々に転職を考えるのは、何もあなただけではないのです。

新卒者の転職は3か月、3年と言ったタイミングが多いと言われています。3か月というのは、会社の全体が見えて来る頃で、入社した会社が自分の考えていた内容とは違っている事に気付くタイミングだからでしょう。

また3年と言うのは、一通りの仕事を経験し、その仕事がやはり自分には向かないとか、その仕事の先に自分の将来の姿が見通せない等、会社や仕事に対する疑問などを生じるタイミングだからでしょう。

我慢してその会社の中で頑張る事が良いのか、転職して新たな道を歩むのが良いのかは、一概には言えません。

しかし転職を考えるなら、第2新卒と言われる期間に決断した方が良いと言えるかも知れません。それにプラスして転職を考えるなら、成功しなければ意味がありません。

転職に成功するというのは、自分に合った会社や仕事を間違いなく選択する事であり、そうした会社に再就職し、自分に合った仕事に就く事に成功する事です。

その為には、自分がなぜ転職を考えるのか、現在の会社や仕事の何に不満や不安があるのかを明確にし、それを解消するための転職に際して、現在の会社や仕事よりも条件が悪くなる事をどこまで許容するかと言った事を整理して転職先を探す事が大切です。

しかし、現在の会社や仕事の悪い点は見えても、良い点などが見えなかったり、自分の想いを客観的に評価する事は意外と難しく、転職したものの、そこも自分の思い描いた会社や仕事ではなかったと言う失敗を繰り返す例も多いのが現実です。

転職で失敗しないためには、面談を通じて自分の考えを整理し、その上で転職先のアドバイスをもらえるような専門家の指導を受ける事も1つの方法としてお勧めです。



Copyright (C) 2016 知らないと失敗する転職方法 All Rights Reserved.
↑先頭へ